公務員もつらかったりするみたいです

兼業、サイドビジネス…呼び方はいろいろありますが、本業以外の収入(副収入)を得ている人は近年増加傾向にあるそうです。
ご存知の方も多いと思いますが、公務員は原則として副業が禁止されています。
国家公務員は国家公務員法第103条に、地方公務員は地方公務員法第38条に違反するため行うことができません。
他にも自衛隊員も自衛隊法第62条など、防衛省職員、裁判所職員などなど…そういった方々は副業を行うことができません。
公務員以外にも副業が禁止されている役職や職員もいます。
多々ありますので、代表として日本銀行総裁などです。
日本中央競馬会役員なんかもダメなんだそうです。
私が知っている限りではこんなものですが、もっと詳しく知りたいという方は、申し訳ないですがご自身でお調べになって下さい。
ただ、営利性の乏しいものであったり、例えば実家が農家で手伝うなどのようなことは許されているようです。
一定規模以下であれば武道さん賃金業も可能なんだとか…。
副業の代表と言っても良いFX取引、株式、投資信託なんかもOKということですが、公務員がFXに必死になっている姿なんて見たくないですよね。
そんなことしてる暇あるなら仕事しろって言いたくなってしまいます(笑)。
そういう私は公務員ではありませんが、知人が公務員なんです。
ペーペーってこともあって、意外と給料が少なくヒーヒー言ってます(笑)。
私たちのような民間人とはまた違った苦しみみたいなものもあるんだなって思いました。
一般企業なんかでも副業を禁止しているところがありますが、バレたからと言って罰則があるわけではないでしょう。
バレないことに越したことは無いと思いますが…。
自分も何か副業でもしようかと模索中ではありますが、今やネットで副業ができてしまう時代ですからね。
家で出来る仕事を探してみたいなと思います。